フットサルシューズの選び方

フットサルが普及したとはいっても、本来の理想である屋内競技場の数は急には増えません。Jリーグ直営のフットサルコートがビルの屋上のコートで人工芝だったりしますし、テニスコート改造型は滑りやすい土のコートだったりします。


フットサルシューズの選び方について考えて見ましょう。フットサルプレーヤーの個人として、独断と偏見が入っているかもしれませんので、参考意見としてお考えください。自信はあります(笑)。
フットサルはサッカーと異なり、狭いコートで壁も有効に使いながらなんだかテニスにも似た立体的なプレーをします。いまや専用コートが日本中にあるフットサルですが、この特性から、ボールをつかむ足裏の感触というのが重要視されます。
フットサルは基本的に屋内でのプレーを考えていますので、足元は体育館の板張りや専用コート、人工芝などになります。しかしほとんどの人にとって見ればフットサルの練習の場合は屋外が多くなりますね。
フットサルシューズ選びのポイントは大まかに二つです。自分の足裏やつま先の感覚ができるだけダイレクトにボールに伝わるフットサルシューズであること。そしてあなたが普段プレーするフットサルコートの状況に応じたソールのフットサルシューズを選ぶことです。
フットサルシューズは前後の遊びがないものを選ぶべきです。フットサルシューズ選びではつま先の感覚が大切なので、横幅よりも、まずは足のたてのラインがぴったりフィットするフットサルシューズを選んでください。
フットサルシューズの足の縦のサイズが決まったら、次は靴本体のアッパーの素材を決めましょう。素足の感覚を伝える素材といえば天然皮革のフットサルシューズで決まりです。天然皮革のフットサルシューズなら丁寧にはきこんで、まめに手入れすればすばらしいMyフットサルシューズになります。天然皮革アッパーは伸縮性に優れているので、最初は多少きつめでも対応してくれる利点もあります。
合成皮革のフットサルシューズは素材によってすごい価格が付く天然皮革と異なって安価で丈夫ですので、市販の靴があなたの足とぴったり合うのであれば学生さんなどには特にお勧めです。しかし合成皮革は伸縮性がほとんどないので、ちょっとでもしっくりこなければ繊細な感覚が第一のフットサルシューズとして、お勧めできません。
安価にできる、成型しやすい、素材強度をいかようにも変えられるなどの理由で布、それも通気性を考えたメッシュ素材がフットサルシューズアッパーの三番目の素材として考えられます。フットサルシューズは薄い素材で激しい動きに対応するために皮革であっても消耗するのが早いことから、布の靴をどんどん買い換えるというのもひとつの選択です。
フットサルシューズの選び方が他の競技用のシューズに比べて非常にたくさんあるのはソールの素材のバリエーションが豊富だからです。フットサルをどんなコートでプレーするかによって選択肢が限られますので、間違わないように買いましょう。
フットサルコートの公式戦は体育館の中で行われることが多いのですが、この場合、ソールは平底、あるいは波底といわれる薄いゴムの素材が有利です。フットサルシューズでは足裏の感覚が大事ですが、それが素足のように伝わりますからボールコントロールは抜群になります。ただ、薄いラバーソールはクッションがない分、足を痛めることもあります。
屋外でのプレーにはサッカー用シューズや、それに近いスパイクの付いた靴で滑らないように接地面のグリップ重視ということも重要です。足裏でのボールコントロールはできませんのでフットサルならではのトリッキーなプレーが見たいファンががっかりするかもしれませんけど。フットサルシューズはきめ細かく分類されていて、人工芝用のモデルもあります。
フットサルシューズ選びについて、素材やサイズについての大まかな選択肢とその選択のための考え方を書かせていただきました。履いてみないことには足の感覚はわかりませんので、基本的な考え方がわかったらお店で試着してみてください。あなたの足にジャストフィットのフットサルシューズを手に入れることはフットサルゲームで勝つための最初にして最大のポイントだと思います。決して人の靴借りてプレーしないでくださいね。

今までどうやって英語を勉強してきましたか

懸賞サイトに登録

あなたは、見合いパーティーと聞いてどんな印象を持ちますか?
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。