フットサルシューズの選び方

フットサルはサッカー以上に足の能力が競技の結果に色濃く反映されるスポーツです。狭いコートで立体的にボールを使いこなすというフットサル競技の特性上、足の裏とつま先でボールを触ることが多くなります。


フットサルシューズを買いに行って、うじゃうじゃ並んでいるフットサルシューズ、素材もソールも全然ばらばらで、何がなんだか決められなくて帰ってきた方いませんか?私がそうでした。フットサルやめようかとさえ思いました。フットサルシューズ選びの基本的な考え方についてここで説明しますね。
フットサルは今では日本各地に専用コートが存在するほど人気のスポーツです。フットサルはサッカーとは異なる狭いコートでの立体的な戦いですから、ボールをつかむ足裏やつま先の感覚が極めて大事な競技です。
フットサルコートは足裏の感覚を十分発揮できる屋内の体育館が理想なのですが、テニスコートをフットサルコートに改造したような場所も少なくありません。フットサルはしたがって板張り、人工芝、土の上でプレーすることになります。
フットサルシューズ選びのポイントは大まかに二つです。自分の足裏やつま先の感覚ができるだけダイレクトにボールに伝わるフットサルシューズであること。そしてあなたが普段プレーするフットサルコートの状況に応じたソールのフットサルシューズを選ぶことです。
フットサルシューズも他のシューズ同様にメーカーによってシューズの縦と横の比率や土踏まずの形状が様々です。でも、選ぶときの第一の基準はつま先です。フットサルシューズのつま先に遊びがなくてぴったりフィットするものにしてください。
フットサルシューズ選びで、サイズの次に選ぶのが素材です。足の感覚をボールまでダイレクトに伝えてくれるアッパーの素材は天然皮革しかありません。天然皮革アッパーのフットサルシューズはよくメンテナンスしていれば、使い込むほどに手放せないフットサルシューズへと変貌していきます。横幅の問題も天然皮革であれば伸びてなじんでくれますので、やがて最高のフットサルシューズが出来上がります。
フットサルシューズも他のシューズ同様に5mm刻みのサイズですから、合う合わないは個人差があります。もしも市販のフットサルシューズでジャストフィットであるならば、合成皮革は丈夫で防水性もあってお勧めです。しかし足の形やサイズがジャストサイズでない場合、伸縮性に乏しい合成皮革のアッパーはあなたの足に大きな負担を強います。プレーだけでなく健康面からもその場合はフットサルシューズとして選ぶべきではありません。
フットサルシューズのアッパーの素材で天然皮革以外に最近メジャーなのは様々な特殊な織方で作られた布、それもメッシュ素材とそれと合成皮革の複合ですね。これは安価でさまざまなタイプ、あるいは布素材のフットサルシューズが次々に売り出されるので、お気に入りのメーカーがあればその会社の新製品を買い続けるのも悪くない選択です。
フットサルシューズ選びの肝ともいえるソールについて次に考えてみましょう。ソールの素材は上にも書きましたが、フットサルをプレーするコートによってまったく異なる選択をする必要があります。
屋内でプレーをする場合、足裏の感覚を最優先して、薄いゴムのソールのフットサルシューズを選ぶ人が多いようです。いわゆるパターンも独特で波底パターンのグリップで、素足に近い感覚です。体育館施設などもこれを歓迎してくれます。クッション性を優先した柔らかい素材のインドアソールというものもありますが、足裏感覚は鈍くなります。

フットサルシューズの選び方の基本概念だけを説明しました。ここで挙げたフットサルシューズの分類方法は基本で、実際はどの範疇にも入りにくいクロスしたシューズが増えています。実際にフットサルシューズを手にとって足に履き、比較した上でこういうところで(笑)ネットで安く買うのがお勧めです。

★⇒フットサルシューズの事なら楽天で・・・コチラです。★


中性脂肪を理解しよう

日帰り温泉を満喫しよう

美白になりたい!!
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。